50代のターンオーバー周期は75日?!

50代のお肌 ターンオーバー 化粧品

角質層〜真皮の細胞が生まれ変わることを「ターンオーバー」といいます。
すでにターンオーバーをご存知の方は、その周期は28日だと思っていませんか?

 

実はその日数は、20代のお肌の場合の周期。
年齢と共にその速度は落ちていくんです。

 

ターンオーバーのおおよその周期は、年齢×1.5と言われていますから、50代のお肌の場合は、なんと約75日サイクルに!
2ヶ月半もかかってしまいます。

 

「1ヵ月使ったけれど効果がない」なんていう口コミや評価を見かけることがありますが、それが50代の人の感想だったら効果が出る前なので参考にはなりません。

 

使っている化粧品の効果を感じるためには、50代なら2ヶ月以上は継続して試す必要があるということです。

 

そして、ターンオーバーが遅くなると、シミができやすくなったり、肌がくすむ、硬くなる、乾燥がなかなか治まらない、小じわができるなど、お肌の悩みが尽きなくなってしまいます。

 

基底層にあるメラニサイトでは、真皮を紫外線から守るメラニン色素が作られていて、その基底層が年齢と共に弱くなるとメラニン色素が真皮に落ちて、そのままでは治ることがないシミの原因になったりもします。

 

ターンオーバーを活発にして美肌に

 

年齢を感じさせない美肌のためには、ターンオーバーを促すケアがとても大切だということがわかってきましたね。
では、具体的にどうしたら活発にすることができるのでしょう?

 

1.適度な運動をする

 

ターンオーバーを活発にするには、日ごろから適度な運動を心がけましょう。
運動をすれば血行がよくなり、新陳代謝がアップします。
すると、肌細胞の生まれ変わりが活発になるばかりでなく、血行不良が原因のクマやくすみ、お肌に大敵な便秘や冷えの改善にもなり、一石二鳥です。

 

2.ピーリングでお肌の再生を活発に

 

お肌のケアとして、ピーリングもおすすめです。
お肌に悪いと思っている方も多いかもしれませんが、お肌の表面の古い角質を取り除き、シミやその他の肌老化の改善になります。
年齢と共に遅くなっているターンオーバーで、古いメラニン色素ががなかなか排泄されず、シミのもとになり代謝の落ちた表皮は全体的に薄くしわっぽくなってしまいます。
こうしたことを防ぐためには、古い角質を落としお肌の再生を活発にするピーリングが一番です。

 

また、皮膚科での受診が必要ですが、「レチノイン酸」ケアもターンオーバーを高めるためシミの治療として有効です。
シミの悩みが深刻な方は皮膚科を受診してみるのもひとつの方法ですね。


 

■50代の肌悩みに応えてくれるおすすめ人気化粧品

アヤナス

50代化粧品 アヤナス 敏感肌・乾燥肌

敏感肌・乾燥肌専門ブランドの基礎化粧品。

⇒アヤナスの口コミ

フィトリフト

50代化粧品

「10秒でピーン」高保湿オールインワンジェル。

⇒フィトリフトの口コミ

ビーグレン

50代化粧品

悩みが深い肌に効果を発揮する基礎化粧品。

⇒ビーグレンの口コミ

オラクル

50代化粧品

年齢や肌質を問わないオーガニック化粧品。

⇒オラクルの口コミ